中性脂肪を下げる薬の効果

中性脂肪の治療薬と効果

中性脂肪に効く薬はどのようなものか?


中性脂肪を減らすために病院に通う方も増えてきていますが、処方される薬は身体の状態や相性などによって変わってくるものの、大別してみると決して多くは無く、「ニコチン酸製剤」と「クロフィブラート系製剤」に分けられます。


直接的な効果として中性脂肪を減少させるのではなく、基本的な効果としては動脈硬化の予防であり、結果として中性脂肪の減少、悪玉コレステロールの減少と考えるべきです。


主な効果として、ニコチン酸製剤、クロフィブラート系製剤のどちらも中性脂肪の合成を抑制し、善玉コレステロール値を上昇させるものですが、それぞれで効果の出方が違う、副作用が違うなどの差があるため、身体の症状や相性などによって適切な薬が処方されることになります。

薬を使用する上での注意点


中性脂肪を減らすための薬を利用する際、やはり気をつけたいのが副作用です。


ニコチン酸製剤の場合は体温の上昇やほてり、皮膚のかさつき(痒み)などが現れやすく、血糖値も上がりやすいため、糖尿病などを患っている方には処方されない場合があります。


・対してクロフィブラート系製剤の場合、胃腸や肝臓に影響を与える場合や、筋肉の萎縮(横紋筋融解症)の副作用のリスクが報告されています。


やはり医師の処方が必要となる医薬品と言うこともあり、副作用のリスクは避けては通れないものです。しかし、中性脂肪を減らすために最も効果的なのはやはり適切な食事と運動であることは間違いありません。出来れば薬に頼らず、身近に出来ることから始める方法が最もリスクが少ないのは言うまでもありません。



薬に頼る生活はやめよう!