中性脂肪を下げる薬の効果

中性脂肪を下げる薬の副作用

副作用の種類・症状



中性脂肪を減少させるための医薬品こそ存在していますが、主な効能としては動脈硬化の予防であり、結果として中性脂肪の減少、悪玉コレステロールの減少が続いていくものです。


また、やはり強い薬でもあるため、副作用のリスクも報告されています。特に顕著なものとして、発熱、身体のほてり、皮膚の痒みや乾燥の可能性があるほか、重度になると胃腸や肝臓のトラブル、胆石などのリスクもあります。


筋肉の萎縮が認められる場合もあり、中には厳しい副作用を伴うものがあります。


動脈硬化のリスクが非常に高い疾患がある場合でもない限りは利用しない場合がほとんどではありますが、近年では中性脂肪の減少やメタボリックの改善のために医師に相談すると言うケースが増えてきているようです。

薬に頼らず運動・食事で改善しよう

やはり最も効果的に下げるには、適切な食事と運動であることは間違いありません。基本的に中性脂肪の抑制は食事療法、運動療法でしか解決できない問題であり、大切なのは「中性脂肪がつきにくい身体」を作ることなのです。


中性脂肪を抑制する働きのある食材として、海藻類や青魚、野菜類を食事の中に取り入れることが最も重要であり、さらに日々継続して適度な運動を心がけることで、更なる効果を発揮します。


1日20分程度のウォーキングやジョギング、環境が整うならスイミングなどもいいでしょう。総合的に健康的な生活を心がけることにより、自然と増加とは無縁の身体を作っていくことができるはずです。



副作用のないサプリ生活1日66円