中性脂肪を下げる薬の効果

中性脂肪の治療薬と効果

中性脂肪に効く薬はどのようなものか?


中性脂肪を減らすために病院に通う方も増えてきていますが、処方される薬は身体の状態や相性などによって変わってくるものの、大別してみると決して多くは無く、「ニコチン酸製剤」と「クロフィブラート系製剤」に分けられます。


直接的な効果として中性脂肪を減少させるのではなく、基本的な効果としては動脈硬化の予防であり、結果として中性脂肪の減少、悪玉コレステロールの減少と考えるべきです。


主な効果として、ニコチン酸製剤、クロフィブラート系製剤のどちらも中性脂肪の合成を抑制し、善玉コレステロール値を上昇させるものですが、それぞれで効果の出方が違う、副作用が違うなどの差があるため、身体の症状や相性などによって適切な薬が処方されることになります。

薬を使用する上での注意点


中性脂肪を減らすための薬を利用する際、やはり気をつけたいのが副作用です。


ニコチン酸製剤の場合は体温の上昇やほてり、皮膚のかさつき(痒み)などが現れやすく、血糖値も上がりやすいため、糖尿病などを患っている方には処方されない場合があります。


・対してクロフィブラート系製剤の場合、胃腸や肝臓に影響を与える場合や、筋肉の萎縮(横紋筋融解症)の副作用のリスクが報告されています。


やはり医師の処方が必要となる医薬品と言うこともあり、副作用のリスクは避けては通れないものです。しかし、中性脂肪を減らすために最も効果的なのはやはり適切な食事と運動であることは間違いありません。出来れば薬に頼らず、身近に出来ることから始める方法が最もリスクが少ないのは言うまでもありません。



薬に頼る生活はやめよう!




中性脂肪を下げる薬の副作用

副作用の種類・症状



中性脂肪を減少させるための医薬品こそ存在していますが、主な効能としては動脈硬化の予防であり、結果として中性脂肪の減少、悪玉コレステロールの減少が続いていくものです。


また、やはり強い薬でもあるため、副作用のリスクも報告されています。特に顕著なものとして、発熱、身体のほてり、皮膚の痒みや乾燥の可能性があるほか、重度になると胃腸や肝臓のトラブル、胆石などのリスクもあります。


筋肉の萎縮が認められる場合もあり、中には厳しい副作用を伴うものがあります。


動脈硬化のリスクが非常に高い疾患がある場合でもない限りは利用しない場合がほとんどではありますが、近年では中性脂肪の減少やメタボリックの改善のために医師に相談すると言うケースが増えてきているようです。

薬に頼らず運動・食事で改善しよう

やはり最も効果的に下げるには、適切な食事と運動であることは間違いありません。基本的に中性脂肪の抑制は食事療法、運動療法でしか解決できない問題であり、大切なのは「中性脂肪がつきにくい身体」を作ることなのです。


中性脂肪を抑制する働きのある食材として、海藻類や青魚、野菜類を食事の中に取り入れることが最も重要であり、さらに日々継続して適度な運動を心がけることで、更なる効果を発揮します。


1日20分程度のウォーキングやジョギング、環境が整うならスイミングなどもいいでしょう。総合的に健康的な生活を心がけることにより、自然と増加とは無縁の身体を作っていくことができるはずです。



副作用のないサプリ生活1日66円




中性脂肪を減らす漢方薬

漢方薬の効果

中性脂肪を減らすための方法のひとつとして漢方薬を利用すると言う方も多くなっていますが、こちらは医薬品などの強い薬の使用が出来ない方に特に人気が高まっています。



中性脂肪を減らす漢方薬も、基本的には直接的に中性脂肪を減らすのではなく、「動脈硬化を予防する」「血液をサラサラにする」と言う効果に対して結果として効果が見込めるものと考えるようにしましょう。


効果としては即効性があると言うわけではありませんが、日々利用を続けることにより、体質改善から効果が見込めるものです。早急な結果を求める場合だと効果を実感しづらいかもしれませんが、長期的に改善を考える場合には利用価値があると言えるでしょう。


副作用はあるのか?

基本的に漢方薬そのものの副作用自体は少ないとされていますが、これは適切な利用を心がけた場合のみと考えるようにしましょう。

中性脂肪減少に効果のある漢方薬においても同様で、手軽に、すぐに効果を発揮すると言う性質のものではないこと、じっくりと時間をかけて体質を改善していくと言う性質の強いものであるため、利用方法によっては身体にトラブルを引き起こす可能性もあります。


安心できる薬と言う位置付けとして認知されている漢方薬ですが、決して副作用が全く無いと言うことではないことは覚えておきましょう。


特に多いのは、漢方の過剰摂取によるものや、適切な生活態度の改善を考えない服用によるトラブルです。また、身体の相性を考えない服用も非常に危険なため、必ず漢方の薬剤師との相談の上利用するようにしたいところです。

コスト面が心配



種類にもよりますが、全体的に漢方のコストは割高になりがちです。漢方は長期的に体質の改善を図る性質のものであるため、利用期間が長ければその分コストも上がっていくことになります。薬剤師に調合してもらうタイプのものでは1ヶ月で1万円程度はかかるかもしれません。


市販のものの場合は多少コストを抑えることが出来ますが、やはり初回はしっかりと薬剤師と相談した上で利用するようにしたいところです。


コスト面では厳しい場合は、漢方成分の含まれたハーブティーなどの場合は安価で販売されていることも多く、手軽に利用できるため、まずはそちらから始めてみてもいいかもしれません。



1日66円で革命的なサプリを体験




中性脂肪を下げるサプリメントが超おすすめ

特定保健用食品とは?


特定保健用食品とは、消費者庁の指定する基準をクリアすることで認定される健康食品のことで、その証明として専用のマークを記載することが許されます。テレビなどのメディアでも「トクホ」の略称でおなじみです。


特定保健用食品は国から認定された健康食品ということもあり、その信頼性は非常に高いものと言えます。


そのため、多くの健康食品がこの基準をクリアするために様々な研究開発を行っており、信頼性、安全性に優れた商品が現在も多く発売されています。

イマークの青魚成分EPAがすごい

特定保健用食品として、中性脂肪を減少させる効果が認められているニッスイ・イマークは、近年メタボリックに悩む方、生活習慣病に悩んでいる方に多大な支持を集めています。


最大の特徴は、通常食品でしか摂取できない中性脂肪を減少させる効果として近年注目を集めているEPAを多分に含んでいることです。このEPAは主に青魚に含まれているものですが、この栄養素は体内で生成することの出来ない成分であり、青魚の脂から吸収するしかありません。


しかしイマークであれば豊富なEPAを1日1本で必要量摂取することが可能になります。これなら無理して青魚を食べる必要も、毎日青魚を料理に加える必要もありません。1日1本。毎日続け、2ヶ月も経つころには大きく中性脂肪の値が減少していることを実感できるでしょう。




イマークは飲みやすいヨーグルト風味で続けられる

ニッスイの特定保健用食品であり、中性脂肪を下げる効果が期待できるとして注目を集めているイマークですが、こちらはドリンクタイプのサプリメントとなります。


ドリンクタイプのサプリメントは数ある中でも、独特の味がする、毎日飲むにはきつすぎる臭いがすると言ったようなことは無く、飲みやすいヨーグルト風味となっています。毎日青魚を食べるのは難しい、青魚特有の生臭さが苦手であると言った方でも難なく毎日飲用を続けることが出来るでしょう。


100mlにつき600mgのEPAが含まれています。このEPAと言う成分が中性脂肪の増加を抑え、減少させていく役割があるのです。現在メタボの症状やコレステロール値の増加、中性脂肪の増加に悩まれている方は、気軽に始められる一本としてお勧めできます。


中性脂肪対策にイマークを使用している人の例

対策としてイマークを利用している方の多くが1ヵ月後、2ヵ月後に大きく中性脂肪が減ったと言うことを実感している声が上がっています。


もちろん、普段からの食生活に気を使い、適度な運動を始めると言った基本的な生活を送るよう心がけることが大前提となりますが、適切な使用を続けることで、20%近くの中性脂肪を減少させることに成功したと言う声もあります。


当然のことながら個人差こそありますが、総じて中性脂肪の低下を実感することが出来たと言うのが多数を占めています。





1日66円で革命的なサプリを体験